Photo Tools

スクリーンショットを撮影できるアドオン「LightShot」

LightShotはスクリーンキャプチャソフトです。
これは便利。デスクトップから選択範囲まで自由自在です。

撮影した画像をそのままウェブにアップロードする機能や、Twitterにポストしたりする機能も。
何これ便利。

「アクティブウィンドウを撮影」等の項目はありませんが、その機能が無くても十分に便利なキャプチャソフトです。

どこを撮影しているのかも視覚的に分かり易い。

Firefoxアドオンとしても配布されています。
ん?IE?

http://lightshot.skillbrains.com/

LightShot


SSは撮影時の挙動を撮影したものです。
明るくなっている部分が撮影範囲、暗い部分は撮影されない範囲です。

Firefoxアドオンの方の挙動は確認していません。IEの方も同上。

まずインストール。特別な操作はありません。
インストールが終わると、デフォルトブラウザで「Thanks!」と言うページにアクセスされます。
此処に使い方が載っているのでいきなり閉じずに少し目を通しておくと楽。

さて、此処から動作の説明です。と言っても難しい作業はありません。
「Prt Scr」キーを叩くだけでSS撮影画面に入ります。
SSを見て頂ければ分かるかと思いますが、画面全体が暗くなります。此処から選択範囲をドラッグします。

light

こんな感じ。ちなみに、範囲選択後右クリック→Full Screenで全画面選択です。まぁ端から端を選択しても同じですがw

次にアイコンの説明。左から。

撮影したSSのエディットが行えます。一度SSがアップロードされた後、エディット画面に繋がります。
渡されるURLは、「http://prntscr.com/****」です。ちなみにImageshackにアップロードされています。
エディットは行っていないので其処の機能はご自分でお確かめ下さいみたいなっ

次。アップロードが行えます。URLは前述の通り。アドレスコピーの機能もついています。

次。選択範囲がフルスクリーンになります。

次。選択範囲のSSをクリップボードにコピーします。

次。選択範囲のSSを保存します。保存形式はpng、jpg、bmpの3種類。

次。撮影の終了。

以上ですかね。Twitterのアイコンは、撮影したSSをアップロード→Twitterホームにペーストが行えます。
Facebookの方は使ってないので分かりませんが多分ほぼ同機能。

非常に便利なソフトです。Twitterに画像を良く貼り付ける人は更に便利。

動作も軽快です。火狐アドオンの方も入れるか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です