Audio Tools

MediaMonkeyのiPodとの同期エラーの回避法

あ、すいません。すげえ私用な覚え書きです。

状況:
iPodとの同期が行えない(iPod内のデータを削除する場合にのみ発生。曲の追加は問題なく行える)
所持しているiPod全てで同様のエラーが出ている(nano、iPod Touch2G 4.x.x)ので、デバイスの故障等ではない。何よりiTunes他、別のプレイヤーでは同期が問題なく行える。
っmふぉr

対策:
MediaMonkeyのランゲージ設定を変更する。
mmfors
この場合は「日本語」以外に変更する。もちろんその後に再起動。

追記に詳細な発生環境などを明記しておくので同様の症状が発生している方はお読みください。


OS: Windows 7 64bit
MediaMonkey: 最新版(4.0.2)
iPod: 前述の通り。
Skin: Pulse

以前にも同様のエラーに悩まされた経験があるのですが、この際にはiTunesの方でもエラーが出ていたのでそこを疑い、結局解決しなかったので、Windowsで新しいユーザーを作成、データをまるまま移動してこれを回避しました。
今回、MediaMonkeyをアップデート(4.0.0→4.0.1)した際に再び発生したので今度こそ原因を駆逐してやろうと奮闘することに。
まず行ったのはもちろんMediaMonkeyのアンインストール→再起動→再びインストール。解決しません。
次にRevo Uninstaller
を使用してアンインストール。再起動。この後しばらく時間をおいて再びインストール。まあもちろん解決しません。
ここで一度心折れて、foobar2000に浮気します。ほんの少しですがMediaMonkeyっぽい動作をさせるようにカスタマイズしたので今度時間がある時に記事にしようと思います。

foobar2000に浮気して数日後、ふとMediaMonkeyが必要になった際に
「そうだ、英語でインストールしてみるか」
と思い立ったのが解決の糸口となりました。そしてこの記事を執筆するに至ります。
どうしてこの作業で問題が解決したのかは僕には分かりませんが、もしかしたら言語ファイル自体に何かミスがあるのかも知れません。
事実、日本語以外の言語ファイルで操作している分にはiPod内の音楽の削除に問題は全くありません。
言語ファイルというものがどのような作られ方をしているのか僕はよく知りませんが(lngファイルがどこにあるか分からない、というかあるのか?)、そこのiPodの操作の部分の記述に何かしらの不具合がある、という可能性はあるのかも知れません。
更に、僕は日本語設定の状態でMediaMonkeyをアップデートしました。
もし…の話ですが、英語設定の状態でアップデートすると、英語設定では同期がうまくできないけれども、英語以外ではうまくいく、という、なんというか言語ファイル共通のミスディレクションであるかも知れないので、英語設定でアップデートした人はEnglish→Japaneseも試してみると解決するかも知れません。僕は確認していないので分かりませんが…。

そういう感じで、Format Problemの解決方法でした。本当に同じ症状の人が他に居るのか疑問。ウチのPCだけだったらどうしよう。

2 Comments on “MediaMonkeyのiPodとの同期エラーの回避法

  1. SECRET: 0
    PASS: e89ffac525e59e3824f0be1d793b8ab6
    こちらを拝見し、ランゲージ設定を日本語から変更したところ
    無事にipod内のデータ削除ができるようになりました。
    ありがとうございました!

  2. SECRET: 0
    PASS: fcb967a0dabe8476edf9b0450372c699
    どうもーわざわざコメントありがとうございます!
    解決しましたか!良かったです!
    本当にこれどうして日本語だけで起こるのか謎です。とりあえずこの記事では回避するだけなので解決にはなってないのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です