Photo Tools

画像のExifデータを手軽に削除できるソフトウェア「Easy Exif Delete」

スマートフォンやWi-Fi対応SD、高機能デジタルカメラの普及で、個人が撮影した写真をインターネットにアップロードする、という作業のハードルは格段に低くなりました。
同時に、それによって個人のプライベートな情報がオンラインに筒抜けになってしまう可能性が増大しました。
滑車をかけているのはTwitterやFacebookなどの既に大衆化しつつあるSNSです。
誰でも画像を投稿することができ、なおかつ誰でもその画像を閲覧することができます。

まあ、そんなシチュエーション自体はどうでもいいとして、今回紹介するソフトウェアは、撮影した画像に付与されているExif情報をスッキリ削除することができるソフトウェアです。
Exif情報って何?という方、現代にはWikipediaという非常に便利なウェブディクショナリがあります。是非参照してみてください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Exchangeable_image_file_format

さて、お分かり頂けたでしょうか。
特に重要なのは「GPS情報 – GPS付きカメラの場合、緯度・経度・標高など。」の部分です。
つまり、撮影した場所が、かなり詳細で正確にデータとして画像に乗っかってしまうのです。これを野放しにしてネットに写真をアップロードしていては、私はここに居ます、居ました、アレは私ですと言っているのと何ら変わりがありません。

そういうわけで、どうにかしてこのExifデータは削除しておきたいものです。
撮影場所がどこかの観光地だったり、GPSデータが取得できないような場所であればいいのですが、近所で朝日を撮影したとか、近くの公園でなんとなく、などといった場合、かなり危険なことになってきます。
撮影する前にカメラでGPS情報の扱いの設定をしていれば何も問題はないのですが、多分、デフォルトではGPS情報を取得している機種が多いのではないかと思います。今までに撮影した写真にはExif情報が残ってしまっているかも知れません。

と、いうことで、やっと出番です。前置きが長くなりましたが、Easy Exif DeleteはこのExifデータを削除するのが目的のツールです。
リストに読み込ませてから削除まで数秒で行えます。非常に手軽ですので、今までの写真フォルダをまとめて読み込ませて、サクッと削除してしまいましょう。

http://www.easyexifdelete.com/

ScreenShot
インストール後、何も考えずただソフトウェアを起動し、対象のjpgファイルを読みこませるだけで使用できます。
スクリーンショットにある通り、Exif情報が見つかるとFoundと表示され、見つからなければNot Foundとアナウンスされます。

あとは画像をすべて選択し、Delete Exifボタンを叩くだけで作業は終わりです。
このような状態になれば作業は終わっています。

SnapCrab_NoName_2013-1-4_20-36-56_No-00

非常に簡単なので、インターネット上、特にSNSなどにアップロードする予定のある画像は処理をかけておきましょう。
なお、サービスによっては、アップロードの際に自動でExif情報を削除してくれるものもあるということです。その場合はそのサービスに頼っても平気でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です