Audio Tools

Last.fm Scrobbler最新版のiPod関連のバグ

…もう最新版になって(Scrobbler 2.1.36)結構経ってしまいましたが、やはりiTunesのバージョンがなんであれ手動管理のiPodを診断→履歴を取得→スクラブル するとScrobblerがクラッシュしてしまいますね。
この問題はScrobblerが2.1.36になってすぐから発見されていて、僕も認識していました。ぶっちゃけた話iTunesのせいだろうと思っていたのですが、iTunesのバージョンが違ったところで同じようにクラッシュしてしまうのでScrobblerの問題っぽいですね。

対策はいまのところ(2.1.36を使うとすれば)ナシ。MacでもWindowsでも同じように発現しているらしいです。
http://www.lastfm.jp/forum/34905/_/2215228
続々と同じ問題を抱える人の投稿が続いているのがわかります。

ちなみに僕の場合はキャッシュの方でも同じように問題が出ていて、ふつう一度診断させるとキャッシュが空になってスクラブル候補がスッキリするのですが、2.1.36だといつまでもキャッシュが残ってしまっています。
つまり、スクラブルの期限である2週間経つまで何度診断させても同じ再生履歴が転送されてしまうため、再生数が重複(日本語としてよくわからない状態ですが)してしまいます。今話題の再生数の水増しが簡単に行えてしまうような状況です。
逆に考えるとScrobblerがクラッシュしてもちゃんとスクラブルはアカウントに飛んでるんだなあ…という感じですが。

というわけで、無難にScrobbleしたい方は、前述のリンクの2ページ目に、バージョン2.1.33のインストーラーのリンクを貼っている方がいるので、そちらをDLしてインストールしましょう。
2.1.36がインストールされていても上書きできます。さくっとダウングレードしてしまって、バグフィックスが行われた最新版を待つことにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です