美しい透明感が特徴のプレイヤー「StPlayer」

StPlayerは透明なGUIが特徴のメディアプレイヤーです。
機能はシンプルで誰でも簡単に扱うことができます。

とりあえず動作環境を。

– Microsoft Windows 2000
– Microsoft Windows XP Professional
– Microsoft Windows XP Home Edition
– Microsoft Windows Vista family

引用元は付属のReadme.txtです。インストール後読んでおきましょう。
また、.NET Framework 2.0以降、WMPが必要です。

確かに見た目は綺麗ですが、少しメモリを多く使います。
そんなん気にならないぜ!ふはは!なハイスペックPCをお持ちの方羨ましい。

http://stform.66ghz.com/StPlayerDownload.html

StPlayer


SSからは分かり難いですがプレイヤー自体は透けていて、後ろの画面が見えます。
アップロードする為に背景をメモ帳にしてあるだけですのでご安心下さい。

まず機能ですが、総合音楽管理が出来る様なプレイヤーではありません。
プレイリストから音楽を再生、それくらいです。後はプレイリストの保存などでしょうか。
プレイリストに追加はプレイヤー右下のミュートの隣の三みたいなアイコンからどうぞ。直接画面にフォルダやファイルをドロップしても問題ありません。
プレイリストは一曲リピート、全曲リピート、

また、このプレイヤーはデフォルトで視覚効果が再生されます。メモリを多く使う理由の一つでもあります。
設定画面見ても何故かこれを止める方法が無さげ…うーむ

とりあえず次はオプション。
Balance – 音声出力のバランスの調整です。右に寄らせれば右から、左に寄らせれば左から音が流れます。デフォルトは中心。
Skip Interval – 曲と曲の繋ぎの速度。単位が書いてない…。
Repeat – リピートの種類。リピートなし、1曲リピート、全曲リピートのどれか。
Show in Taskbar – タスクバーに表示するか。チェックを入れるとタスクバーから消えます。これはミス?
Always on Top – 常に前面表示するかどうか。
Shuffle – プレイリスト内の曲をバラバラに再生。
Sticky Window – 動作が分からない…。

一部理解できなかった所とか詳しく書けてませんがフィーリング重要。
大体オプションはこんな感じ。

セッティングは見た目の設定です。
Opacity – 透明度の変更。数値が大きいと透明度が下がります。逆に低いと透明に近づきます。0にするとあら不思議白背景と一体化!(使いにくいのでデフォルト-10or+10くらいがやはり安定)
Coner Radius – 数値を増やすと角丸になります。15が最高。
ActiveColor – アクティブ時のウィンドウの色。デフォルト安定^p^
Bg Color – 背景色。やはりデフォルト安定^p^
Bg Style – 背景に効果を加えます。これもデフォry

ショートカットの説明は面倒なので省かせて頂きます。ご自分でご確認下さい。
結構充実しているので、キーボード派も安心ですね!

総合的に見た目重視なプレイヤーなのかなという印象でした。
ヴィジュアルを求めるリア充に貴方に。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です