ファイル手軽に暗号化できる「アタッシェケース」

誰にでも秘匿したファイルというものはPCの中にひとつやふたつ持っているものですが、もともとこの記事が書かれた2007年に比べ、更にPCの普及率は増え、同時に悩める青少年、団塊世代も増えたことだと思います(ナニに悩んでいるのかは伏せておきます)。

特に、家族で1台のPCを一緒に使っているとか、職場、学校、彼女と同棲中のアナタ、などなど、意外と自分のPCの中身を覗かれてしまう場面というものは多いものです。
いえ、後ろめたいファイルを持っていないのであれば、このソフトウェアを使う必要はありません。
もっとも、何も後ろめたいことを隠すためだけに使うソフトウェアではありませんので、しっかりとセキュリティ対策をしたい場合などにももちろん用途することができます。

そんなニーズに応える、ファイルの手軽な暗号化を実現するのがこの『アタッシェケース』です。
基本的な使い方は至って単純で、暗号化したいファイルをメインウィンドウにドラッグ&ドロップするだけで完了します。

http://hibara.org


メインウィンドウは至ってシンプルです。
ata

言うまでもなくこの画面にファイルを放り込めばいいわけです。
放り込むと、画面が切り替わります。

matc

パスワードの入力を求められます。ここで設定したパスワードを復号化の際に入力します。
2回入力することになります。忘れてしまうのも一興ですが、『アタッシェケース』で復号化しない限り中身は開けないので、忘れてしまった場合はファイルを破棄することしかできなくなります。

暗号化されたファイルは”元のファイル名.atc”という形になります。ただしこれはデフォルトの設定です。
設定画面から拡張子を偽装することもできます。拡張子を偽装した状態でもアタッシェケースでそのまま復号化の処理を行うことができます。
また、暗号化の度にPWを設定するのがめんどう、という場合には、常に同じパスワードを設定することもできます。

手軽でフリーのソフトウェアですが、誰でも簡単に情報漏洩に加担できてしまう時代です。ファイルのやりとりに日本製のソフトウェアを噛ませるのも選択肢のひとつではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です