削除できないファイルを強制削除!「Reboot File Deleter」

○○○.○○○を移動できません。アクセスできません。送り側のファイルが使用中の可能性があります。
えぇ窓使いならしょっちゅう見かけるであろうエラーメッセージです。
普通なら、再起動→削除の手順を踏めばそのファイルは削除する事が出来ます。
ですが、一部の頑固なファイル群は再起動と言う手段すら撥ね退けて、エクスプローラーに居座り続けます。物凄い邪魔です。容量食うし消えないしエラーウザイしでストレスが溜まりまくります。
そんな時、このツールを使えば解決します。9割くらい。
とりあえず↑のエラーを吐いて、再起動しても削除出来なかったらこのツールを使ってみて下さい。
大概解決する筈です。
http://homepage3.nifty.com/t-sugiyama/


まず、作者様のHPから本体が圧縮されたlzhファイルをDLします。
Ctrl+FでワードはRebootで一発で飛べます。
解凍後、RFD.exeを起動。
起動前にReadme.txtを読んでおきましょう。
ny、nyに順ずるソフトウェアは削除してからお使い下さい。
何やら意味深なメッセージが起動後、本体が起動します。
ツール上部の空白部分(初めて起動した時は最初からファイルが入ってる筈)に、削除したいファイルをD&Dで追加して下さい。
XP以降ならディレクトリも可能です。要するにファイルごとD&D出来るって事です。
再起動前に、今削除のトライを押して、削除出来るか試しましょう。
削除出来れば再起動の必要はありません。
削除出来なかった場合は、okに進んで、再起動を選択。
Windowsが再起動します。
再起動後、ログインしてファイルを確認して、消えていれば削除は成功です。
これでイライラも幾らか減少する筈。
お疲れ様でした。
Image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です