無駄なスタートアップを停止させたい際に「Starter」

Staterはスタートアップの管理を行えるツールです。
普通のクリーニングツールでは手の届かなかったあんなところやこんなところにまでっ!!1

海外製なので英語です。

なので迂闊に設定を触ってPCの動作が不安定になったり、最悪起動しなくなったりさせないようにご注意下さい。
また、海外製ですが日本語の表示に問題はありません。

http://codestuff.tripod.com/products_starter.html
※ポップアップにご注意下さい。

Starter

インストーラーかアーカイブかどちらでもStarterは動作します。此処ではインストールが面倒なのでアーカイブを選択しました。

アーカイブの方ならばzipファイルを解凍すれば準備は完了です。後は起動するだけ。
まず起動して最初に表示されているのはスタートアップのタブです。
他にプロセスとサービスの設定が行えますが、基本的にそんなん各PCによって違うので、此処から先はご自分で設定して頂く事になります。

まぁググったり何なりすればある程度不要なサービス等は見えてくると思います。

スタートアップやサービスの管理はWindowsを高速に起動、稼動させる上で重要です。
買ってから一度も設定を行っていない方、この際PCのメンテを兼ねてスタートアップの再確認をしてみては如何がでしょうか。案外使っていないソフトはあるものです。

しかも、そのソフトに限ってメモリを食っていたりします。Windows Messengerが不要なソフトとは言いませんが、使用していない方、多分スタートアップに入っていても無駄だと思います。

また、プロセスのタブはWindows タスクマネージャと同じ画面と言う認識で大丈夫でしょう。起動しているソフトが一覧で表示されます。

選択したサービスやスタートアップをダブルクリックすると詳しい情報が別画面で表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です