eyesp

Google スプレッドシートで超簡易的なサイコロを作る

※かなりしょうもない記事です。

あ~無性にサイコロ振りてえ~~~!!というタイミング、人生にありますよね。
え、ない?

サイコロというか、とにかくランダムに数字をいくつか出さないといけないタイミングがあります。
例えば割り振った番号から何かを決めるときとか。プレゼント配るときとかね。
手元に本物のサイコロがあればいいのですが、昨今物理的なサイコロをちゃんと持っている人は多くないでしょう。カードゲームのプレイヤーだったら持ってるかもしれませんが。あとマジシャン。

また、サイコロを振る行為自体を公開していないといけない必要があるかもしれません。どこかの誰かに振ってもらったもんじゃ納得できるものもできませんからね。
(そんなシチュエーションどこにあるんだ?)

そんな時、振っている画面をわざわざを配信しなくても、スプレッドシートがあればサイコロ(的な動作をするもの)が作れてしまいます。
作り方は超簡単。適当なセルに下記を書くだけ。あとは共有してみんなでシート見ましょう。

サンプル

(A1セルに結果を出し、B1セルにチェックボックスを置く場合)

セル A1
=if(A2 = true, RANDBETWEEN(1,6),"ここは好きな文字")

セル B1
挿入 → チェックボックス

実際の動作は下記からどうぞ。コピーも作れます。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1APtCS6LXhe9GSSRl8g9dSqxHOduArmeDemqHHiUtNT0/edit?usp=sharing

スプレッドシートはExcelと違ってめちゃくちゃ簡単にチェックボックスを置くことができ、true / falseで分岐するものを非常に簡単に記述できます。

RANDBETWEEN関数は、指定した整数の上限・下限から1つどれかを引っ張ってくる関数です。
このサンプルでは1~6を指定しており、チェックボックスが入る(=TRUEになる)度に計算が行われるので、ランダムに数字を返してくれます。
なので1~10必要であればそのように指定してあげればいいし、数億からどれか一つを指定することもできます。

ふーん、で?となること間違いなしですが、どうしてもスプレッドシート上でランダムな数字を任意のタイミングで出さないといけなくなった場合には使ってみてください。

(どう考えてもこのサイトを使ったほうがいいです。)
https://jp.piliapp.com/random/dice/

a featured image – https://pixabay.com/images/id-1898557/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です