クールな画像ビューア「NexusImage」

NexusFileでお馴染みのxiles.netで開発されている画像ビューアです。
NexusFileを使用した事がある人は知っているかと思いますが、ここのツールはとてもインタフェースが格好いいです。よって、このビューアも格好良くシンプルに作られています。

ビューアとしての機能もシンプルになっています。動作も軽量です。

メモリ使用率は家のPC
の環境で、5Kとなっていました。
また、サイドバーが表示されるので、他のサイドバーと被ったりする場合が。デスクトップの改造等で見た目に気を配っている方はご注意下さい。

個人的な感想としては、機能面を重視したビューアと言うよりは鑑賞と言う観点を重視したビューアになっている感じです。

また、β版で、7には非対応?
日本語のランゲージファイルを配布しているサイト様も紹介させて戴きます。

http://xiles.net/programs/

http://tiltstr.seesaa.net/article/123798376.html

NexusImage


まずDLの前に読み込める形式を。

JPEG, Bitmap, GIF, PNG, TIFF, ICO, WMF, EMF

と言う事だそうなので、それ以外のファイルを無理に読み込ませないようにしましょう。

ツール本体はインストーラーではなくアーカイブで配布されています。

USBメモリ等のデバイスでも持ち運ぶ事が出来ます。
軽量なので持ち運んでおいても特に害はないでしょう。出番があるかどうかは別として。

ランゲージファイルを追加する場合は、NexusImage1b2/langフォルダに入れて下さい。起動前に入れて置くと起動後再起動が不要になります。

また、起動後に作成されるnexusimage.iniの”language=English”を”language=Japanese”に書き換えておくと次の起動時から勝手にデフォルトで日本語が選択された状態になります。
頻繁に使用する方は書き換えておいても良いでしょう。
起動するとサイドバーとウィンドウが起動します。
ウィンドウをダブルクリックして見たい画像を選択すると画像が表示されます。

また、この際その画像と同じフォルダに他の画像が入っている場合、その画像もサイドバーに表示され、スクロールで画像をスムースに閲覧出来ます。
これが格好いい。画像パラパラすんのたのしー

タイトルバー左に小さく点があると思いますが、これをクリックするとメニューが表示されます。

画像のキャプションを編集、ファイルのコピーや切り取り、ズームの設定、画像の回転等、それなりに機能は詰まっています。
また、このNexusImageではショートカットキーも使えます。キーボードで色々やりたい方は是非ご確認を。

まぁ、こんな感じでしょうか。サイドバーが便利かどうかは賛否ありそうですが、僕個人としては便利ですね。

そういえばさっきスクロールで画像が閲覧出来ると書きましたが、勿論サイドバー上のプレビューをクリックしても大丈夫です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です