explorer.exeをスタートアップから削除する方法

※著しく非推奨な操作です。興味があっても自分で何とかする自信がない人は行わないないようにすると吉。

とりあえず注意書きだけ書いておきました。上のでかいフォントの文はちゃんと読んでおいてね!
興味だけでexplorer.exeをスタートアップから削除、Windows起動時に起動させないようにしてみました。
結果だけ言うと一切のメリットがありませんでしたので、超が付く非推奨記事です。

操作 :
「ファイル名を指定して実行」にregedit
HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows NTCurrentVersionWinlogon
に行く。

「Shell」の値のデータをexplorer.exe以外の文字列にする。0とか。
これでお終い。操作自体は非常に簡単です。再起動してみましょう。
さて問題の結果ですが、前述した通り何も良い事ありません。

explorer.exeがメモリ食ってるし起動させない様にしたら軽くなるかなーとか安直な考えだったのですが、寧ろ逆。起動が遅くなりました。
また、他のスタートアップ他様々な設定がWindows起動時に起動しなくなるので、PCの動作が安定しなくなります。
自爆したい人はやっても良いですが…。

この方法、セキュリティやら何やら何も考えずにただ単に起動させないようにしただけです。
前述の通り、メリットが皆無なのでわざわざこの操作を行う必要もないでしょう。

代替シェル等も設定せずに操作を行った訳ですから、そりゃあまあ…うん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です