Opera

OperaにIEエンジンを搭載!「Neptune」

NeptuneはOperaでIEを使うというプラグイン。
IEのエンジンを使用してページを閲覧できます。
火狐のアドオンである「IETab」のOperaバージョンということになります(これらのプラグインとアドオンの間に何か直接的な関係があるというわけではないですが)。
使い方は続きからどうぞ。
http://www.meadco.com/neptune/download/


必要な項目を入力後、プラグインをダウンロードします。
Operaからダウンロードしたところ、ファイルの拡張子が.htmになっていたのでDL後に.exeにリネームすることで解決します。
インストール後、npmeadax.dllをOperaのプラグインフォルダにコピーするなりします。
ファイル自体は

C:\Program Files\Internet Explorer\PLUGINS

に入っています。
しかしながら、当方IE8 beta2をインストールしていたのですが、npmeadax.dllは見つかりませんでした。
が、npmeadax.dllはNeptuneのインストールフォルダに入っているのでこれを使用すれば問題ありません。

C:\Program Files\Opera\program\plugins

にnpmeadax.dllを移動するなりコピーするなりしましょう。
準備完了。
ここまでの作業でOperaを起動させていた方は一度Operaを再起動して下さい。
その後、http://www.opera.com/support/search/supsearch.dml?index=415へ移動し、「View in IE」をクリックし、Neptuneを導入します。
次は表示。

ツール→外観の設定→ボタンタブ→マイボタン→View in IEをブラウザの好きなところにD&D

でNeptuneをボタンとして扱うことができます。が、ブックマークレットとして使用した方がいいかも知れません。
Neptuneを使用してIEエンジンで開くページは挙動ももちろんIEと同じ状態になります。
何が言いたいかと言うと重いです。
更に環境によっては全く動かずにOperaがフリーズします。とりあえず(記事修正時の最新版)11.11ではフリーズして殆ど扱うことができませんでした。
蛇足ですが、IETabって何という方は
http://ietab.mozdev.org/
へどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です