SNS Tools

Twitterでもリードオンリーメンバーは譲れない人へ「TwiYom」

「あー○○のTwitter読みたいなー。けどアカウント登録するの面倒だし登録してもすることねーなー。」
とお悩みの方は多いと思います。
Twitterはフォローを行うと相手に通知が飛んで、自分がフォローしているユーザーも相手から調べることができます。
あまりフォローばかりして自分が何もポストしていないとスパムか何かと間違われ、こちらは悪意なくただポストを読みたいだけなのに相手にブロックされてしまうことがあります。

と、いうわけで、アカウント登録をせずに相手に通知もせずポストだけを読むソフトウェアが公開されています。
完全にリードオンリーメンバーになるので、こちらからは何かアクションを起こすことはできません。逆ももちろんです。
RSS感覚でブログの記事を読んでいく感覚で使うことができます。

http://www.mwn.co.jp/twiyom/
Image


ダウンロードの際にIE/Firefoxをお使いの方はページ上部のリンクからexeファイルをダウンロードすればインストーラーを実行できますが、Opera、Chrome他をお使いの方はページ中部のリンクからインストーラーをダウンロードすることになります。
また、ソフトウェアの起動には.NET Framework 2.0以上が必要です。インストールされていなければTwiYomが自動でインストールします。
<br >…
読みたいアカウントのID(http://twitter.com/******)を「愛読」に入力してユーザーを追加していきます。
また、「http://twitter.com/******」とURLをそのまま追加しても問題ありません。
登録できる人数に制限は確認していませんが、多くすれば多くするほどAPI制限に引っかかりポストを読み込めなくなる場合もあります。
対策としては、登録するアカウント数を減らすか、もしくは自動巡回間隔を長くする、などが考えられます。

追加したアカウントを削除するには、フォロワーリストにあるIDを選択してDelキーを叩けば削除することができます。確認ダイアログも出ます。
複数まとめて削除したい場合はCtrlキーを押しつつ選択すればまとめて削除することができます。

リストは登録した順番に並んでいきますが、順番を替えたい場合は

編集→フォロワーリストを並べ替え

で行うことができます。

また、フォロワーリストはインポート/エクスポートが行えるので、USBメモリ等に移して使うことができます。
Ctrl+Downで次のページ、Ctrl+Upで前のページに戻ることができます。特に前のページに戻る動作はメインの画面には表示されていないので覚えておくと便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です