LexarのmicroSDXC(512GB)を購入しました

表題以上でも以下でもないのですが、Lexarの大きめの容量のmicroSDを購入しています。
日本ではLexarはオタクでもなければ知らないメーカーですが、アメリカにあるフラッシュストレージのメーカーです。

それもそのはずで、Lexarは正式な輸入元がこれまで(しばらく)存在しておらず、輸入代行業者や個人が買い付けたものを購入する必要がありました(並行輸入品)。
つい最近、S&Bが輸入元になったとアナウンスされています。
https://www.lexar.com/jp/lexar-to-begin-shipping-to-japan/

こんな前置きをしておいてなんですが、今回購入したのは並行輸入品の製品です。安いので…。

スペックの詳細

まずは見た目です。

SDカード画像
いい青ですね。

話は少しズレますが、メルカリとかでHUAWEI製の偽物のmicroSDXCがしょっちゅう売っていますが、あれってどこから仕入れてるんでしょうか。HUAWEIはSDカードを作っていないので間違いなく偽物のはずなんですが、結構売れてるっぽいのが謎です。

SDカードの規格(特に転送速度関連)は私も正直よくわかっていないのですが、とりあえずカードには3種類の規格に準拠していると書かれていることがわかります。
UHS-I、A2、V30の3種類です。パッケージにはclass 10の記載もあります。
U3の表示もあるので、UHSスピードクラスは3ということになります。

開けるのが下手すぎてボロボロになってしまったので、一部だけ掲載。

UHSスピードクラス3による最低読み出し保証速度は30MB/sですが、使用しているリーダーが対応しているのかどうか不明なため、とりあえずclass 10の保証速度である10MB/sが出ていればOKということで検証したいと思います。

ちょっとした検証結果

ありがちな方法ですが、H2testwで本物かどうかチェックしてみました。

問題なく使えそうです。

速度はともかく、ちゃんと動いていますね。エラーが出ていません。
容量が大きいため、合計で18時間弱かかったこともわかります。
速度については、別に動けばなんでもいいです。最終的にはDAPに挿して使うので、USB2.0接続となるからです。

おわりに

大容量のmicroSDXCは偽物が大量に出回っています。
今回のmicroSDはあきばお~から購入しました。
安さもそうですが、これまで大きめの容量のものを買って失敗したことがなく、大体ここで買っておけば大丈夫だろうという安心感から決めています。

先に触れたメルカリの例もそうですが、Amazonのマーケットプレイスもかなり怪しいものが多く、この手の製品を買うときは非常に注意する必要があります。
また、この製品は並行輸入品なので、保証はほぼありません。実際になにかあっても泣き寝入りになる、くらいの気持ちで購入する必要があります。

本物がちゃんと日本でも手に入るらしいぞ、くらいの気持ちでお読みいただければ幸いです。
次はいよいよ1TBですが、日本ではいつから買えるんですかね。SanDiskとMicronは海外でもう発売済みだったと思いますが…。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です